【ホワイトニングの安全性】過酸化水素の濃度/海外製薬剤の危険性

ホワイトニング筆録 - 一生涯を通して歯を白く輝く美しくする方法
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceは納得のいくまで説明し患者様の不安に思っていることや治療に関して疑問に思う事にお応えし、納得のいく歯科治療を行います。

ホワイトニングの安全性

ホワイトニングの安全性~ホワイトニングのよくある誤解~

歯科診察で女性に説明する女性歯科医師

ホワイトニングは正しく行えば、人体へ大きな影響を与えることはありません。しかし「歯が削れる」「知覚過敏になりやすい」など不安を抱えている人が多いのも事実です。ホワイトニングの安全性や注意点を理解し、正しい方法を知ってください。歯科医の指導の下で行えば歯の健康を保ちつつ、白く輝く歯を手に入れることができます。

1.「ホワイトニングで歯が削れてしまう」は誤解

歯を白くするホワイトニングにはいろいろと誤解があります。中でも多いのが、「歯が削れてしまう」「歯がもろくなる」という勘違いです。これは、治療前と治療後であまりに歯の白さが違うため「削っている」と印象を受けてしまうからでしょう。実際には、ホワイトニングで歯を傷つけるようなことは一切なく、デンタルヘルスを揺るがすようなものでもありません。

「過酸化水素は危険性がある」は誤解

オフィスホワイトニングでは過酸化水素を使用しています。これはとても安全なもので、基準の厳しいFDAの認可を受けており、食品添加物としても使用されています。人が口にしても大丈夫なわけですから、歯に塗布することは何ら問題ありません。

また、研究では過酸化水素を歯に塗布することは、コーラに歯を漬け込むよりはるかに負担が少ないとわかっています。ホームホワイトニング時にたとえ誤飲してしまっても、まったく問題はありません。

2.海外のホワイトニング剤は安全!?

歯科診察で女性に説明する女性歯科医師

自宅でのケアで海外製のホワイトニング剤を使用する場合は注意が必要です。なぜなら、かなり高濃度の過酸化水素・過酸化尿素や強い酸が含まれている場合があるためです。

濃度が高い薬液は、歯茎に付着すると痛みの原因となる場合があります。最悪の場合、炎症を起こしてしまい歯茎の健康を損ねることがあり得ます。さらに、強い酸は表面をわざと溶かして、ホワイトニングを行うためのものです。これは大きく歯を傷つけることに繋がります。

ネットなどで海外製のものは手軽に、安価に手に入るようになってきていますが、安易に手を出すのは危険と言えるでしょう。費用を抑えたつもりが、歯の健康を損なって治療に余計にお金がかかるなんてこともあります。ホワイトニングをしようとお考えの場合は、安心・安全を優先し歯科医院までご相談ください。

なぜ海外製は強い薬剤なのか

日本人と違って、欧米人は遺伝的に歯の表面のエナメル質が厚めです。そのため少しでも白くする作用を強くするために、濃度を濃くしたり酸を含ませたりしています。

エナメル質が薄い日本人が使用すると歯を溶かして薄くしてしまい、知覚過敏などの原因になる可能性がでてきます。決して安易な気持ちで使用をいしないようにしましょう。心配がある場合は歯科医に相談をしてみてください。

歯の健康を保ってこそのホワイトニング

診察室で男性に説明する歯科医師

ホワイトニングは歯の審美を整えるためのものです。白く美しい歯は自分としても、周囲の人からも気持ちの良いものですが、健康を損なってまで行ってはいけません。何よりも大切なのは丈夫な歯であることです。「白く輝く歯を手に入れたいから」と自己流のホワイトニングや海外の強い薬液による方法はお勧めできません。

健康的な歯を保ちつつ、美しさも手に入れる。そのためには専門家である歯科医の指導の下で行うのが最も適切といえます。使用される薬液の安全性はもちろん、患者の状態を診ながら処置することができるからです。ご自身の歯のためにもホワイトニングを行うならば必ず歯科医に足を運ぶようにしましょう。

  • ホワイトニング筆録トップへ
  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • ホワイトニングの効果
  • 歯磨き粉とホワイトニング
  • 知覚過敏
  • ホワイトニングの安全性
  • ホワイトニングの持続性
  • 歯を白くする方法
  • ホワイトニング歯磨き