ホワイトニングで効果が出ない!4つの原因と確実に歯を白くする方法

ホワイトニング筆録 - 一生涯を通して歯を白く輝く美しくする方法 ホワイトニング筆録
トップへ戻る

東京インプラントGuidanceは経験豊富なインプラント治療の実績とインプラント専門の施設・設備でより安全で安心なインプラント治療が可能な歯科医院です。

ホワイトニングの効果

ホワイトニングで歯が白くならない!?効果が現れない主な原因と対策

悩んでいる女性

芸能人のように白く輝く歯を手に入れたいと思い、ホワイトニングを試してみたが思ったよりも白くならなかった、というケースは少なくありません。歯には生まれ持った個性がありますし、生活習慣などによってどうしても個人差が出てしまうためです。こうした場合には、ホワイトニング以外の方法もぜひご検討ください。

しかし、ホワイトニング以外にも、歯を白くする方法は多数ありますから、自分に合った方法で理想的な白い歯を手に入れることが可能です。

ホワイトニングの効果が出ない主な4つの原因

先にも述べたように、ホワイトニング効果の現れ方には個人差があります。なかなか理想の白さにならない場合も、残念ながらあるのです。いろいろな要素がホワイトニングに影響してきますので、効果的にホワイトニングを行うために、取り除ける要因はなるべく取り除くようにすることも大切でしょう。

当院では、次のような患者様には、ホワイトニング以外の方法を提案する場合もあります。

生活習慣

人それぞれ食生活には違いがあります。例えばワインをたくさん飲む人はどうしても歯に色素が付着してしまうでしょう。喫煙習慣がある場合は、ヤニがついてしまうことも多いと言えます。蓄積した汚れの量によってもホワイトニングには差がでてきます。

着色汚れの原因になりやすい食品の例
ワイン・チョコレート・コーヒー・紅茶・緑茶など

汚れの種類

汚れの種類によってもホワイトニングの効果には差がでます。使っている歯磨き粉によっても、汚れの付着具合が変わって場合があります。

歯の厚み

元々の歯にしっかりと厚みがある場合、薬液が浸透しにくくなります。そのためホワイトニングには多少時間が必要となってきます。納得できるまで白くならないケースもあるので注意が必要です。

遺伝的なもの

家族

一般的に歯が大きい人ほどエナメル質も厚くなります。そのため元々の色調が濃くなりがちです。これは遺伝による場合も多く、個人差が出る部分と言えるでしょう。

また、日本人など黄色人種は白色人種に比べると黄色みが強いとされています。そのため、外国人タレントのような真っ白な歯は難しいと言えます。

歯はどこまで白くできるのか

ホワイトニングを行ったとしても、個人差などからご希望の白さに到達できない場合もあると言えます。人それぞれ元々の色調を持っていますので、それ以上は白くすることができません。また、生まれつき歯に縞模様があるような場合も、ホワイトニングでは除去が不可能です。

ホワイトニングには限界があるということを覚えておきましょう。

ホワイトニング効果はいつまで続く?

ホワイトニングでたとえ歯が白くなったとしても、その状態がずっと続くわけではありません。
効果が持続する期間も、個人差がありますが、

ホワイトニングで効果が出にくい人の確実に歯を白くする方法

「ホワイトニングをしても自分が思い描くような白さの歯を手に入れられなかった」そんな時は次のステップをぜひご検討ください。

ラミネートベニア

ラミネートベニアのイラスト

歯の表面を薄く削って、歯の形のオールセラミックでできたつけ爪のようなものを貼りつけます。
オールセラミックは、汚れがつきにくい・変色しにくいなどの特徴があり、美しい白い歯を長期間維持できると言えます。
また、ラミネートベニアならば歯の形を変えることも可能で、すきっ歯の改善も可能です。

オールセラミッククラウン

保険治療で使用できる銀歯やレジンのクラウンは、ホワイトニングで白くすることはできません。レジンは白い素材ではありますが、着色しやすい特徴があります。
「銀歯が目だってイヤ」「レジンのクラウンの色調が不自然」といった人は、オールセラミッククラウンにすることで、天然歯のような美しい歯を取り戻すことができます。

  • ホワイトニング筆録トップへ
  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • ホワイトニングの効果
  • 歯磨き粉とホワイトニング
  • 知覚過敏
  • ホワイトニングの安全性
  • ホワイトニングの持続性
  • 歯を白くする方法
  • ホワイトニング歯磨き